大人の遠足。第何弾かな。

7月4日 日曜日  晴れ

電車に乗って 海へ行きました。

うちから、横須賀線一本で着いちゃうんだよ、逗子駅。


今回の ショートトリップ。現地集合のお仲間は、
いつも一緒にアルティザン・ジャポネでコンビを組んで喋っているヒロさんこと長谷川さんと 
美人スタッフのタエちゃんこと 中村さん。
それに、チャゲブレのスタッフでしたカンちゃんこと、ヒジリ嬢。

駅から歩いても15分とかからないんだけど、途中、チャゲさんに差し入れの泡ものでも購入したい...とタクシーに乗り、地元の酒屋さんへ。
そうして、いざなわれた逗子海岸。

いきなり、岡本太郎な太陽のオブジェと石原慎太郎さんの言葉が彫られた石碑に遭遇!
去年来た時は 気がつかなかった。
2005年11月に出来たのね〜

文学記念碑「太陽の季節 ここに始まる」石原慎太郎

太陽ヒロもこ芸術は爆発だぁ〜!!のTAROな黄金の太陽と、
老いてますます盛んな東京都知事のエナジーが 
妙にマッチしてます。
思わず、記念写真。
それにしても。
ヒロさん 小学生の夏休みみたいやないか〜い?
小川。
日野てる子みたいやないか〜い?(落ち着いた年代にしか判らない固有名詞で、ゴメンよゴメンよぉ〜)


そして、サンダルの中を砂だらけにしながら 一歩一歩砂浜を踏みしめ踏みしめ歩いていく。
目指すは。
そう、音霊 OTODAMA SEA STUDIO

あの、キマグレンが作り上げた 夏限定の海の家ライブハウスですね。
昨年も来たんだ Chageの寄り道 渚編〜大波 小波〜。

今年は 昼と夜の二回公演。昼が大波 夜が小波って、聞きようによっちゃぁ漫才コンビみたいなネーミングはいつもながらにユーモアあるね。

どっちがいいかな 悩んだ末に 大人だったら夜っしょ、夜!
というチャゲさんのレコメンメッセージをいただき、夜の部 小波を目指して来たんだよ。

でも、海岸では 波と戯れ た〜くさんの人々が水着で遊んでる。
もうすでに バリバリ夏やないか〜い。
こんなことなら、もっと早く来ればよかったねぇ。。。などと ヒロさん、タエちゃんと話しつつ。

会場内へは たくさんのChageさんファンが入場し始めている。
チャゲテルもこ
その横のビーチデッキで まずは、
今日だけの限定オリジナルカクテルをいただく。

その名も
「COOL CHAGETEL(クール・チャゲテル)」

Chageさんの好みが反映された 焼酎のコーラ割りに ミントの香りが利いていて、爽やかで美味しい♪

すぐにグビッといっちゃう予感で 迷わずもう一杯、「フローズン・ダイキリ」も注文する小川。
いつでも どこでも 元気に 呑む飲む♪

さぁ いよいよ入場。
お。

去年とちょっとだけ、風情が違っている。

海の家だから 床は無く、砂浜のままなんだけど、我々が座る一番後ろの席は ちょっと一段高く板の床になっていて、観やすくてありがたい。

ドリンク券がわりにギターピックなのが嬉しい。思わず、飲み物と引き替えずに持って帰ろうかとも思ったけれど、つい、ジンリッキーを。二杯も。

そうこうしているうちに Chageさん登場〜
ノーマイクで まるで発声練習するように、みんなとアノ曲を大合唱。

とてもリラックスした雰囲気で ライブがスタートしたのだった。

「想い出の渚」や「お嫁においで」「チャコの海岸物語」など、この海辺のシチュエーションならではの選曲が すっごく気持ちよい。

オリジナルで繰り出される曲たちも ひとつひとつが心に響く。

あぁ、この曲、番組テーマだったよな。ノスタルジックな気分になって、胸キュン。

わぁ、チャゲアスのこの歌を ソロでChageさんが唄うのって、初めて聴いたかも。


等さんのウッドベースに合わせて 大パーカッション大会も。
カッコイイなぁ。。。胸をすく音楽的充実。

そして、この秋リリースの新曲まで。
なんてハッピー、ポジティブ、バイタリティーに満ちあふれている曲なんだろう♪
何か大きなプロジェクトのテーマ曲になったたいいのに と思った。

それにしても Chageさん 愛されてる。そして皆を愛してる。

Chageさんのライブ 聴くたびに 幸せ気分にひたるのは、
この目に見えない けど、確かに太くて固い 絆のような熱光線を感じるからかな。

たとえが 変 だけど、カモとり権兵衛みたい。

権兵衛さんのチャゲさんと 会場のお客さん一人一人が太い綱で繋がっていて、
カモたちを捉えているはずが、やがて、何百のカモたちに引っ張られて 
権兵衛Chageさんは 大空高く 翔んでいく感じ。

大海原を越えて 無敵の海へ。

「すご〜〜〜〜〜い!」

何度も皆が大声で叫んでいたけれど。
すっごい楽しい夜でした。

そのまんま、向かいのイタリアンレストランで
モチモチしたピザや 美味しいパスタに舌鼓。
ワインを えっっとぉぉぉ。。。
4人で4本は空けたかなぁ。

バカ話から 真面目な音楽の話まで。

幸せな夜でした。

帰りは ちょっと贅沢して グリーン車両に乗って帰る。このプチセレブな気分。
大人の遠足 渚編は こうして終わったのだった。

また来年。
行けるといいなぁ。
チャゲもこ
昨年は ビキニTシャツで顰蹙を買いましたが、
今年のコンセプトは「風呂上がりのオバちゃん」

会場内が 皆の熱気で ムンムンしてたので
ムームーを なんちゃって。