コインブラ行きチケット
ポルトのサンタ・アポローニャ駅にタクシーで到着。
まずは、コインブラまでのチケットをゲット。
旧サンタ・アポローニャ駅こっちは、古き良き佇まいの旧駅舎。




サンタ・アポローニャ新駅その隣りには いかにも、、な
新駅舎。
対照的である。
旅人は、当然、上の旧の雰囲気を好むよね。


乗車時刻まで45分あるなぁ。。
駅前で、お昼食べられるとこ、探してみる〜?
道を聞くもこSアポローニャということで、もうすっかり得意になった
地元の人に聞いてみる。

教えてもらった店を探していったけど。。

サンタ・アポローニャ駅近ゲーセン
サンタ・アポローニャ駅左側の道を登っていく途中、ゲームセンターを発見。
けっこうレトロな台が左側にあるのにご注目。

ひきつった笑いレストランにたどり着く前に、雨がポツポツ降ってきたので、昼食はコインブラでとることにして、断念。
駅に戻るぞ!の笑顔。(悔しい顔)


自動販売機買い方指南さて、我々には 今回の旅で大きな懸案事項があった。

それは、自動販売機で物が買えない。
という問題である。
リスボンの地下鉄構内で、2回、販売機にお金だけ吸い取られ、
物はゲットできない。という憂き目にあっていたのだ。

そこで、今回、意を決して そこに居たおっちゃんに、買い方を聞いてみた。
「初めての おつかい」ポルト編である。
自動販売機買えるか?
おっちゃん、
実践してみせてくれる。

はたっっ!!(大きな気づき音)

なんと!ポルトガルの自動販売機は
① 欲しいものの番号を押し、
② コインを投入、
③ もう一度、欲しいものの番号を押す。
この工程を踏まねばならぬことを、このおっちゃんは、
実践して見せてくれたのだ。
この三番目の作業を、我々は怠っていたのねぇ。。。



独りで出来るか実験ガタンって?!わ〜い買えた!













おっちゃんに教えてもらって、水を買えたのが嬉しくて、
今度は別の自動販売機で 別のものを買ってみることにした。
えっとぉ。。。欲しいものは、ないけど、とりあえず、
ポテトチップスを。
ガタン。。。買えたぁ〜!!!!
独りで出来たもん♪ 嬉しいもんなのである。




乗る電車の電光表示ポルトからコインブラへのIC




ポルトからコインブラへの移動で、我々が乗った電車です。
リスボンからポルトへ来る時に乗ったアルファ・ペンデューラは新幹線タイプですが、これはIC (InterCidades)特急電車って感じかな。

コインブラ行き電車雨だなぁ




電車に乗って、ホッと一息。
でも、窓の外は 雨。
コインブラは 雨かぁ。。
ちょっとアンニュイな気持ち。

車両の真ん中だけが進行方向と逆方向、
向き合わせになっていて、遠足気分。
近くの席に座った 中国系のおばちゃん。
この電車はポルト行きでいいのか?と聞いてくる。
はい、大丈夫ですよ。と答えるも、おばちゃんの手にしているのは、お隣の車両の指定席。
お隣だよ。ここじゃないよ。と一所懸命、英語と身振り手振りで教えても、ニコニコ笑ってそこに座っているおばちゃん。(^^;)
臨席のポルトガル人のお兄ちゃんも苦笑い。
そのうち、車掌さんが検札に来て、やっと理解し、お隣りの車両へと移動していきました。

こんな小さなことも やがて、面白く感じる 列車の旅。

これは物入れかゴミ箱か?
ところで。↑この 物体 って 何だと思う?
ちょうど向かい合わせの席だから、座席後ろのテーブルが使えない。
その代わりの物入れだと思って、我々はお水やお菓子を入れておいたのだけれど。
後から来た、ヒデとロザンナのロザンナにそっくりな女性は、
自分の服の糸くずを ポイポイと入れていた。
ゴミ箱だったのかいぃぃ???

コインブラB駅壁画そして、コインブラ-B駅に到着。
駅の壁面には、イタズラ書きにしては
立派すぎる絵が。
コインブラの学生が書いたのか、アーティストの作品なのか。

見事に晴れました!
嬉しい!!

さぁ、腹が減っては戦はできぬ。

まずは、レストランへゴー♪です。
でも、手元に持っている地図と、駅の外の佇まいが違う。
道を聞くinコインブラ
得意の道を聞く。
残念ながら、このかたは旅人でした
わからないよ。ゴメン!って
いえいえ、大丈夫。
今度は、駅前に停まっていたタクシードライバーさんに聞いて判明!
コインブラには コインブラ-A駅とコインブラ-B駅があるのです。
アルファやICなど特急列車は、かなり郊外のB駅に着くので、
地図に載っているコインブラ駅とは別ものだったのだぁ。
ローカル電車に乗り換えて、A駅に行く手もあったのだけれど、
教えてくれたし、そのまんまおっちゃんのタクシーに乗って、
コインブラ-A駅近くの レストランへ向かいました。

晴れたぜ!かなりの距離を走って
(といっても、5ユーロ以内)
到着したのは、かなり入り組んだ袋小路。

降り立てば、青空〜〜♪

レストランへ到着




おっちゃんのタクシーを見送って、
我々は店内へ。(小川の真後ろが目的の店)

間口はせまく、得体の知れない佇まいですが。これがぁ!

まさに、学生の街の とっっっっても良心的で素敵な店でしたぁ〜♪

グルメ & 恐怖体験!の コインブラ後編へと つづく。