一昨日、仙台から帰京、その足で、東京駅八重洲口そばの 八重洲ブックセンターへ向かいました。
トイレの額全体
そう。郡山のラーメンやさん正月屋で出逢ってしまった素晴らしい詩画「たたんだ千円札」。

その絵を書かれた画家 松本 忠さんにお会いしたくて伺ったのです。



美しい鉄道風景画と心に沁み入る詩が、一階左側の壁一面に展示され、売約済の赤い印が たくさん付けられていて、人気の高さが伺えます。そのいちばん奥で 黙々と絵を描いていらっしゃったのが 松本画伯でした。

お声をかけると、すぐに「小川もこさんですね?」と気づいてくださって。しばし、いろいろな話に花が咲きました。

詩人の奥様 浅田志津子さんは、残念ながら いらっしゃいませんでしたが、御二方の詩画で綴られた最新刊「線路沿いの詩」を購入。家に帰って、何度も 落涙しながら読みました。

母の思い、母への愛、仕事、生きるということ、自分と重なる様々な気持ちが 潮騒のように寄せては返し、ほんとうに感動しました。
優しい松本さんの絵と 志津子さんの強い意志の詩が じつに良い具合に心に入ってくるのです。
ところどころに書かれたエッセイが、またお二人の来し方をちゃんと伝えてくれていました。


詩画集線路沿いの詩


いつか、志津子さんの詩を 舞台で朗読させてくださいね。とも お願いし。

松本忠さん
帰り際、あの「たたんだ千円札」の詩画ポスターをプレゼントしてくださり、恐縮しつつ受け取りました。
自宅の玄関に飾らせていただこうと思います。

忠さん、志津子さん
ありがとうございました。

ますます 皆の心の琴線を震わせる 素晴らしい作品を、お二人で紡いでいってくださいね。




中央線的詩画集
中央線的詩画集

大人の塗り絵 鉄道のある風景編
大人の塗り絵 鉄道のある風景編

当日、会場で販売していた上記の作品は、Amazonでも購入できます。2月24日まで 東京駅八重洲口そば 八重洲ブックセンター 1階エスカレーター左側で たくさんの作品が展示されており、間近で観ると、感動しますよ。

作者ご本人にも逢えますので、ぜひ、どうぞ♪