タクラマカンフライヤー
報告、遅くなりましたが、月曜日の夜、とても刺激的な芝居を観ました。

劇団「秦組」 vol.5
『タクラマカン』(2013年)
http://officeblue.jp/stage/13takura.html

人の心に根ざす美醜を主題に、貧困の中で強く明るく生きる若者たちの姿を描いているストーリー。

なんといっても芝居のテンポがいい。
滑舌が悪かったら完全にアウトになるような フルスロットルで繰り出される高速 長セリを 小気味良く重ねていく。展開のシャープさ自然さにもやられました。

それを支えているのが、JAZZピアニスト立石一海さんたちの生演奏。
演者の呼吸を知り尽くしているからこその間合いとアタック、ときに優しく ときに激しく。
最後の殺陣、アクション・シーンと生演奏のタッグは、胸苦しくなるほど圧巻の迫力でした。
全14曲、オリジナルで作曲し紡いでいった立石さん、素晴らしい。
あらためて立石さんへの尊敬の念を 強くしました。
ご本人、「1ヶ月間稽古に参加して曲をつくりあげ、本番を重ねて、すべてのセリフを覚え、役者それぞれの呼吸や、日によって少しずつ変わる感情の波みたいなものまで わかるようになってきました。
考えてみたら私だけ舞台上に最初から最後までいるんですよね。
最高の経験をさせてもらっています。」
と述懐していらっしゃいましたが、今日も含め、あと10公演。ファイトです。


それから、主人公のケイを演じていた矢島舞美さんの、なんと魅力的なこと。
綺麗で長身でスタイルがよくて、ダンスや殺陣も完璧で
加えて 全身から ほむら立つ マンパワーの強さ。
彼女の存在は 際立っていました。
アイドルだなんて思えない。。。

元モー娘。の新垣里沙さんの演技も迫真でした。

ハルキを演じた松本くんの所属するスタジオライフの役者陣は
毎年のように、我々の芝居「流れる雲よ」にも参加してくれてます。

漫才コントを演じたネズミの平山くん
カラスを演じた藤原さん
後の弁護士、女兵隊を演じていた小柄な女性(名前がわからない)
この3人の演技にも ものすごく惹かれました。

ギャグがテンポよく盛り込まれてますが、漫才コントのシーンでは、ついに大爆笑♪
笑いを芝居に盛り込むと、ついつい客の反応を待ちがちですが、 それをしてしまうと芝居のテンポが崩れるからグイグイ突き進んでいく。
全編を通じる元気さ、テンポが、笑っていいんだという空気が作れた漫才コントシーンにおいて、最高に活きていました。

それに、この芝居のキモ、
根底に流れる「差別」の問題。
彼らが住まうのは川、橋の下ではなく海辺に設定され、婉曲話法にしてありますが、差別を産む人の心の醜さ、愚かさを糾弾する内容が 深く、心に突き刺さりました。

ボニー&クライド彷彿とするシーンもあって、
胸を締め付けられるような せつなさを与えます。

いっぱいいっぱい刺激をもらいました。

演者と演奏者たちが放つ 「気」、「パッション」
とにっかく ものすごかった。
東京は、6月10日まで、大阪は翌日の6月11日。
興味を持たれたかた、残席わずかです。ぜひ、どうぞ。

劇団「秦組」 vol.5『タクラマカン』(2013年)

作・演出:秦 建日子
音楽:立石 一海
殺陣:横山 一敏

★ CAST
矢島舞美(℃-ute)、松本慎也(Studio Life)、
工藤里紗、藤原習作、築山万有美、横山一敏、滝佳保子、
松下修、平山佳延、小坂逸、吉川麻美、猪狩朝海
貞広高志、望月敦、木村正和、網切幸大、石井真司、
奥山洋文、北田拓朗、近藤修大、今野たか美、
田野井強、田畑潤弥、寺田晴菜、平山裕子、
藤本道、水谷駿介、村山健太
新垣里沙

★ 演奏
立石一海(作曲&ピアノ)
小山豊(津軽三味線)
山口ミルコ(サックス&クラリネット)
勘座光(ドラム&パーカッション)

★ 公演
・2013年5月31日(金)〜6月10日(月)
東池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
http://www.owlspot.jp/index.html

5/31(金) 19:00 ※完売
6/1(土) 13:00/ 18:00 ※完売
6/2(日) 13:00 /18:00 ※完売
6/3(月) 19:00
6/4(火) 19:00
6/5(水) 14:00 / 19:00
6/6(木) 19:00
6/7(金) 19:00 ※残席僅か
6/8(土) 13:00 / 18:00 ※完売
6/9(日) 13:00 / 18:00 ※昼の部:完売、夜の部:残席僅か
6/10(月) 14:00 ※完売

・2013年6月11日(火)
大阪 サンケイホールブリーゼ
http://www.sankeihallbreeze.com/

★ チケット前売5,800円 当日6,000円(全席指定)
一般発売:2013年4月6日(土)
★ お問合せオフィス・REN 
tel.03-5829-8031(平日12時〜18時)
企画・製作:有限会社OFFICE BLUE 
http://officeblue.jp/